CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーリンク
ツイッター
カウンター
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< unityのバージョン5.4.1にバージョンアップ | main | 空腹島2(仮)の修正とバグ消し >>
unityをandroidでビルド
0

    unityはいろんな環境でゲームを公開できます。

    僕は普段はwebで公開するためにwebPlayerを使っています。

    で今回はandroidで公開しようと思います。

     

    unityならボタン一つで簡単に公開できると思ったいたんですけど

    実際は色々めんどくさい設定をしなくてはいけません。

     

    なのでとりあえずやってみました。

    やってみた事を書いてありますので

    失敗した事も書いてあります。

     

    os:windows10

     

    1:まずunityのbuild setteingのplatformで

    pc,mac &Linux StandaloneからAndroidに変更(switch platform)

    僕の場合は1時間ぐらい掛かりました。(長い)

    時間を短縮する方法もネットで書いたあったような。

    気になる人はググってください。

     

    2: Java SE Development Kit 7u79のダウンロードとインストール

    ただ、これは間違っていたみたいでJava SE Development Kit 8u101じゃないとエラーになります。

    7:でやり直します。

     

    3:android studioをダウンロードとインストール

     

    4:unity上でEdit>Preferences>External Toolsでandroidの2と3でインストールした

      JDKとSDKのパスを設定

     

    5:playerSetteingでIdentificationのBundle IdentifierをCompany Name [test]と

    Product Name [escapegame]を使ってcom.test.escapegameに書き換える。

     

    6:Buildしてみる。が、エラー

    Failed to compile resources with the following parameters:

     

    7:ググってみると Java SE Development Kitが7だと古いみたいなので

    Java SE Development Kit 8u101をダウンロードインストールして

    unity上でEdit>Preferences>External ToolsでJDKのパスを変更

     

    8:もう一度Buildする。成功してapkファイル作成されました。

     

    9:C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Android¥sdk¥platform-toolsフォルダ内に

    ビルドして作ったapkファイルを移動する

     

    10:usbケーブルでスマホとPCを繋ぐ

     

    11:スマホの方の設定をする

    (ここの設定は昔やっていて今回はやらない。)

     

    10:テキストファイルに

    adb install -r ビルドして作ったapkファイル名
    pause

    と書いて保存後、拡張子をbatに変えて

    ダブルクリックで実行。

     

    11:スマホの方でゲームをやる。

     

    なんとか動きました。ボタン一押しでやれるわけなくて

    色々な設定が必要なわけで、ネットでググって調べてやるしかない訳

    で疲れました。ただ、スマホで動いたときはすごい感動しました。

     

     

     

     

    | unity | 20:33 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする